働き方についての考え

【独立する前に確認】もう一度、サラリーマンのメリットを考える

会社 メリット

なまらブロガーのゆうきです。

 

あなたはサラリーマンを辞めて独立して良いか悩んでいないだろうか?

 

僕も独立する際はサラリーマンとフリーランスのメリット・デメリットなどをググっていろいろ調べたりしていた。

ある程度認識したうえで独立という道を選んだ。

そしてこの道を選んだことによってサラリーマンのメリットを再確認することができた。

 

今回はサラリーマンを辞めて独立を考えているあなたに、独立した今だから思う、『サラリーマンのメリット』について書いていこうと思う。

大きく3つのメリットを感じたので独立する前にひとつずつ確認していこう。

安定して毎月給料がもらえる

給料 お金

まず、第一に挙げられるメリットとしては「毎月給料が貰えること」だろう。

安定した収入というのは、生活的にも、精神的にもありがたい大きなメリットだ。

 

乱暴な言い方だが、サラリーマンであれば仕事でミスをしても自分の給料が受け取れなくなることはないと言っていいだろう。(もちろん公的秩序を乱したなどは話は別だが…)

さらに有給を利用すれば、休んでもお金が発生する。

独立すると仕事でミスをすれば失注してお金は入らないし、自分の手を動かさなければ収入はゼロになる。

 

会社によって給料体系が違うと言っても、20代から30代であれば毎月決まった日に約20万程が振り込まれるだろう。

独立すれば、サラリーマンの時に副業としてある程度収入を得ていた人いなければ貯金を切り崩す生活になる。

 

サラリーマンとして会社に属している”だけ”で安定したお金が貰える。

これは何物にも代えられないくらい大きなメリットだろう。

\独立前に転職も検討しておく/
業界未経験

社会的信用が高い

『サラリーマン=しっかりとした人』

日本ではまだまだ学校を出たら会社に勤めるという考えが根強いのが現状だ。

 

あなたは仕事は何をしているの?
会社員
会社員
僕は〇〇会社に勤めているよ。

 

こんな会話をして相手が『しっかりした人』かどうか確かめた経験があなたにもないだろうか?

 

フリーランス
フリーランス
僕はフリーランスしてるよ!

 

と答えられ、相手を「大丈夫かな…?」と思ってしまったことはないだろうか?

相手が『〇〇会社』で働いていると答えてくれるだけで安心感があるのは気のせいではないだろう。

 

それだけサラリーマンの社会的信用は高いと思っているのだ。

 

そしてサラリーマンを辞めて独立するとなると、あなたは今持っている”社会的信用”も一緒に手放すことになる。

今度は“あなた自身”に信用をつけなければならない。

何もないまっさらなゼロの状態から信用を作っていくのだ。

 

信用は家を借りる時、クレジットカードの審査などの時に顕著に出てくるだろう。

サラリーマンとして働いていれば問題なく通るものが通らなかったり、通ったしても時間がかかってしまう。

フリーランスだとより慎重にあなたの信用を判断されてしまうのだ。

 

サラリーマンであるだけで日本で過ごしていく中で恩恵を受けることができる。

社会的信用が高いことも見逃せない大きなメリットだろう。

会社のお金で勉強ができる

最後に大きなメリットだなと実感したのが『会社のお金で勉強できる』点だ。

 

今の会社の福利厚生を確認してみてほしい。

仕事に繋がるスキルを向上させる目的で『学習支援制度』『資格取得奨励制度』はないだろうか?

 

よくあるのは英語などの言語学習を支援するものなどだろう。

「TOEICで700点以上を出したら、取得にかかった金額を一部補助します。」というようなものだ。

僕はIT企業に勤めていたのでプログラミングの資格やITサービスのセールス資格認定なども対象としてあり、中には全額補助をしてくれる資格もあった。

 

勉強をするには本を買ったり、セミナーに参加したりと少なからずお金がかかる。

だが、こうした制度があることで自分の負担を減らして勉強することができるのはとてもありがたいことだ。

 

社会に出てからは自分のスキルアップのために自己投資は必要になってくる。

自身のスキルが上がれば、市場価値が上がり、転職や別のステージを考えた時にとても有利に働く。

 

僕は会社に勤めていた時、こういった制度を利用して勉強をしておけばと少し後悔した。

 

あなたの会社に『学習支援制度』や『資格取得奨励制度』があれば、ぜひ積極的に利用してほしい。

勉強という自己投資は少し先の自分を豊かにすることだからだ。

せっかく制度があるのに使わない手はないだろう。

 

『会社のお金で勉強できる』というのはサラリーマン最大のメリットかもしれない。

まとめ:独立前にサラリーマンのメリットを認識しておこう

いかがだっただろう。

今回は僕が独立してから実感したサラリーマンのメリットについて書いてきた。

 

サラリーマンのメリットはどれも独立した後では受けられない恩恵だ。

今の会社が嫌で独立を考える際はこうしたメリットを捨てることも合わせて覚えておくと良いだろう。

 

もし、こうしたメリットをより考えたいと思ったら独立ではなく転職するのも一つの手だ。

転職してスキルをアップさせてから独立しても遅くはない。

 

人生は長い。ゆっくりと考えて判断すれば良い。

この記事があなたの人生の選択の材料になれば幸いだ。

\独立前に転職も検討しておく/
業界未経験
ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
札幌で活動するブロガー|新卒でIT企業に営業として入社▶札幌転勤▶仕事が原因で抑うつ状態になり退職▶独立| ブログ「なまら気まま」を運営|働き方で人生は180度変わると体験|人生に疲弊せず気ままに生きていく