北海道グルメ

昌の屋|天神山の近くにある静かなお店で天ぷら蕎麦を楽しむ

なまらブロガーのゆうきです。

天神山近くにある静かな蕎麦屋「昌の屋」。

蕎麦と天ぷらをお手頃な値段で楽しめるお店です。

>>そば酒処 昌の屋の詳細

そば酒処 昌の屋へのアクセス、営業時間など

昌の屋の表札

場所は地下鉄南北線「南平岸駅」から徒歩10分程。

国道453号線沿い、以前に紹介させていただいた『トリトン 平岸店』の少し先にあります。

▼トリトンの紹介記事はこちらからどうぞ▼

住所 札幌市豊平区平岸2条15-5-16
TEL 011-811-6500
営業時間 11:00~22:00
定休日 ここに説明文を入力してください。
座席数 46席(カウンター席:4+4席、テーブル席:2×1、4×4席、小上がり席:4×2、6×2席)
駐車場 有(12台)
昌の屋の外観

趣きのある外観ですが、夜は2階部分が明るくライトアップされ、「そば」の文字がしっかり見えますので見逃して通り過ぎることはないと思いますよ。

そば酒処 昌の屋のメニュー

昌の屋のメニュー①

昌の屋のメニューがこちら。

もり、ざる、たぬき、かしわ、カレー南蛮…とオーソドックスなラインアップですね。

昌の屋メニュー②

天そばの隣に「丼もの」と「定食」がありますね。

海鮮と定食ですが親子丼とカツ丼がなかったのが意外でしたね…

そば酒処 昌の屋のメニュー

  • もり・かけそば  600円
  • たぬきそば(温)  720円
  • カレー南蛮そば  920円
  • 天そば(温・冷)  1,250円
  • 海鮮丼  1,680円
  • 刺身定食  880円
ゆうき
ゆうき
今回は天そば(冷)を注文です!
昌の屋のそばの説明

お品書きの他に昌の屋のこだわりでもある「二八そば」の説明書きがありましたね。

幌加内町はそばの作付面積と生産量が日本一だそうです!(知らなかった…)

ちなみに幌加内町は旭川より以北にあり、札幌から150km以上離れています…

リーズナブルに楽しめる天そば

昌の屋天ぷら蕎麦

こちらが昌の屋の「天そば(冷)」です。

そばに天ぷらは「ピーマン、さつまいも、きのこ、なす、エビ、かぼちゃ、ごぼう」の7種類なのでバリエーションが豊富ですね。

昌の屋そばをつけて食べる

幌加内産のそば粉を使ったこだわりの”二八蕎麦”。

程良いコシと弾力がありましたね。風味は夜ということもあってかそこまでは感じず…

割とあっさりとした味わいのそばでした。

昌の屋の天ぷら

天ぷらは天つゆに付けていただきます。

エビやかぼちゃなど天ぷらの王道が入っていますが、中でもさつまいもがホクホクで一番でしたね。

そばのあっさり感と比較すると天ぷらは天つゆをつけると、ちょうどいいあんばいになっていました。

昌の屋 完食

リーズナブルなお値段とお店の雰囲気も相まってゆっくりと味わい完食!

ごちそうさまでした!

>>そば酒処 昌の屋の詳細

そば酒処 昌の屋”裏得”情報

この日は休日の夜(19時頃)に行きましたが、中のお客さんは4組ほど。

とても静かな雰囲気なのでゆったりとすることができます。

昌の屋の店内

駐車場も12台分を併設しているので入れないことはないと思います。

昼夜を通して営業しているのでフラッと通った時に寄れる静かなお店ですね。

そば酒処 昌の屋の口コミ

まとめ:そば酒処 昌の屋のおすすめポイント

そば酒処 昌の屋のおすすめポイントをまとめます。

  • 静かな雰囲気でゆったりと食事を楽しむことができる
  • 通し営業なので時間を気にしなくて済む
  • 幌加内産の二八蕎麦はコシと弾力であっさりとした味わいを楽しめる
ゆうき
ゆうき
近くでそばを食べたくなった時などはありがたいお店なのでぜひどうぞ!

>>そば酒処 昌の屋の詳細

昌の屋入り口
ABOUT ME
ゆうき
札幌で活動するブロガー|新卒でIT企業に営業として入社▶札幌転勤▶仕事が原因で抑うつ状態になり退職▶独立| ブログ「なまら気まま」を運営|働き方で人生は180度変わると体験|人生に疲弊せず気ままに生きていく