働き方についての考え

【人生の2割】仕事にやりがいを感じないなら行動して変えるしかない

こんにちは、ゆうきです。

最近、仕事にやりがいを感じないな…

こんなことを思う社会人の方は多いと思います。

仕事は人生の時間の約2割を占めると言われています。

  • 仕事がめんどくさく感じる
  • 社内で成果を上げても嬉しくない
  • 早く仕事の時間が終わらないかなと考えてしまう

そんな人生の貴重の2割の時間を「やりがいがない…」と感じてしまうのは不幸な気がします。

時間をドブに捨てているのと同じですからね。

 

仕事にやりがいを感じないなら「行動」して変えていくしかないです。

「いつか良くなるから…」なんて甘いことはありません。

あなたはこのまま惰性でやりがいのない仕事をしていきますか?

それとも行動して変えていきますか?

 

今回は仕事のやりがいを感じる行動について解説していきます。

やりがいを感じない仕事を続けるとどうなるのか?

繰り返しになりますが、仕事は人生の2割の時間を割きます。

その2割の時間を「やりがい」を感じない仕事で埋め尽くしても良いのでしょうか?

 

やりがいのない仕事を続けることはあなたにとってマイナスしか生みません。

  • 仕事でミスが増える
  • 仕事と関係ないことばかり考える(現実逃避)
  • 生きていて面白くない

やりがいのない仕事を続けるとこうした悪循環が生まれやすいです。

何のために仕事しているのかな…

こんなこと考えていたら末期ですね…

 

やりがいを感じない仕事を続けると、幸福感を得ることもできずに自分で自分が苦しくなってしまいます。

マイナスな状態はあなたの心を疲弊させますからね

 

あなたが「やりがいのない今の環境から抜け出したい」なら行動を起こすしかありません。

あなたのやりがいを感じない理由を”言語化”する

それでは行動をしていきましょう。

まずはやってみると良いのは「やりがいを感じない理由を言語化」することです。

 

やりがいを感じない理由は人それぞれです。

  • 営業していても資料作りばかりでつまらない
  • 会社が扱っている商品が良いとは思えない
  • 会社で成長している実感がない

こんな感じです。他にもあるかもしれませんね。

やりがいを感じないのはあなたが抱えている仕事に関しての”悩み”ですから素直に書き出して大丈夫です。

 

では、言語化するにはどうすれば良いのか?

答えは紙に書き出すです。

メンタリストで有名なDaigoさんも同様のことを述べていますね。

 

紙に書き出すことで、自分の頭の中にあった悩みを外に出すことができます。

モヤモヤを外に出すイメージですね。

 

やりがいを感じないモヤモヤが外に出ていくので、スッキリとした気持ちで書いた紙を見直せます。

頭の中で悩んでいても、何も変わりません。

まずはやりがいを感じない悩みを外に出してしまいましょう。

環境を変えることでやりがいは生まれてくる

やりがいを感じない理由を言語化すると自分の中でイメージができてきます。

✔️言語化した後の考え方

・営業していても資料作りばかりでつまらない

 →営業アシスタントのいる会社に行けば、より営業に専念できるかもしれない

・会社が扱っている商品が良いとは思えない

 →良いと思える商品を扱っている会社に行けば、商品に興味もあるし面白いかもしれない

会社で成長している実感がない

 →今の職種とは全く違う分野にいくと、刺激があって成長できるかもしれない

こんな感じですね。

 

ひとつ確実に言えることは今のままだと「やりがい」を感じることは絶対にないということです。

今のままの仕事でいいんだ!と思える人はそもそも「やりがいを感じない…」などという悩みは生まれませんからね。

 

ではやりがいを感じる仕事をするためにはどうすれば良いか?

答えは簡単ですね。「今の環境から変わる行動をする」ことです。

①今の会社で職種を変えてみる

ひとつの方法は、職種を変えることを会社に進言してみてください。

  • 営業部 → 管理部へ異動
  • 企画部 → 営業部へ異動

こんな感じですね。

今、勤めている会社で異動が可能であれば考えてみてほしい方法です。

 

同じ会社でも違った視点から仕事を見るとまた新たなやりがいを感じる可能性があります。

転職を考える前に今の会社で「やりがい」を感じるためにできることはないか?を考えるのはリスクも少ないですし有効です。

この時に「営業しかやってこなかったから…」みたいに「〇〇しかやってこなかったから」と可能性を狭めてしまうのはよくないので、素直にやりがいを感じそうな職種を考えてみてください。

②思いきって転職する

環境を変えるのに、手っとり早いのは「転職」を選択することです。

ただ、転職する時に注意が必要なのは「今の状況から抜け出したいからどこでも良い!」と思って、何も考えずに転職してしまうこと。

目的は「自分なりのやりがいある仕事」につくことなので、転職した後に「こんなはずでは…」と今の状況を繰り返さないように行動しましょう。

 

転職サイトに登録した後、エージェントサービスを積極的に利用するなどして「やりがいがありそうだな…」と思う仕事を探していくとリスクは減りますね。

オススメの転職サイトは下記の2つです。

>>リクナビNEXTに登録する

 

 

>>DODAに登録する

どちらも大手の転職サイトで案件数が豊富なのが特徴です。

エージェントサービスもあるので、「何が自分にとってのやりがいなのか」をエージェントに伝えながら進められると効果アリです。

行動しよう。でないと何も変わらない

やりがいを感じない仕事を続けるのはまさしく”苦行”です。

こんなにツラいことはありません。

 

僕自身もやりがいのない仕事を続けてきました。営業でしたが成果を出しても嬉しくない、面白くないと感じた日々を過ごした経験があります。

最終的には行動を起こして退職しましたが、今振り返っても「もったいない時間を過ごしたな」と感じる時があります。

 

さて、恐らくこの記事を読んで行動する人は「100人中1人」です。残りの99人は何も行動を起こさずページを閉じるでしょう。

なんならやりがいを感じない理由を紙に書き出すことさえしません。

あなたは100人中99人になって現状維持になりますか?

それとも「やりがい」を求めて動き出しますか?

決めるのはあなたです。

ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
札幌で活動するブロガー|新卒でIT企業に営業として入社▶札幌転勤▶仕事が原因で抑うつ状態になり退職▶独立| ブログ「なまら気まま」を運営|働き方で人生は180度変わると体験|人生に疲弊せず気ままに生きていく