退職代行

【絶対に失敗しない!】退職代行の依頼から退職完了までの手順を解説

こんにちは、ゆうきです。

退職代行ってどういう流れで進むのかな?必要なものとかあるのかな?退職完了までの流れを知っておきたいな

こんな疑問に答えます。

✔️本記事の内容

  • 退職代行の依頼から退職完了までの流れがわかる

大まかな流れは各業者のHPに書かれていますが、本記事では細かいところまで踏み込んでいきます。

ぜひ最後までじっくりと読んでみてください( ・ω・)ゞ

退職代行とは?

そもそも退職代行ってなに?

退職代行は『あなたに変わって勤め先に”退職の意思”を伝えてくれるサービス』です。

 

  • 辞めたいけどなかなか言い出しづらい
  • 退職の意思を受け入れてくれない
  • 上司と顔を合わせるのがもうしんどい

あなたがこんな状況だった時に会社を辞めて新しく生活をスタートさせる手助けをしてくれます。

退職代行サービスは2018年から注目を集めはじめ、NHKやYahoo!ニュースにも取り上げられたことから世間に認知されはじめました。

仕事がツラく、今の状況からなかなか抜け出せない人の救世主として人気を集めています。

退職代行業者と弁護士の違いは?

『”退職代行業者”と”弁護士”でできることが違う』って聞いたけどどう違うの?

弁護士を利用する最大のメリットは「会社と交渉ができる」という点です。

通常の退職代行業者ですと、あなたの退職の意思を伝えるのみで留まってしまいますが、弁護士を利用することで会社に理不尽なことを言われても交渉して闘うことができます。

 

基本的に退職は個人の自由が認められていますので、争いまでいくことは稀です。

しかし、すでに『給料を支払ってもらっていない…』などのトラブルがある場合は弁護士にお願いする方が良いですね( ・ω・)ゞ

退職代行の依頼から退職完了までの流れ

退職代行の大まかな流れは下記の通りです。

<退職代行 依頼〜退職完了>

  1. LINEで友達登録
  2. 無料相談
  3. 依頼を決定し料金を支払い
  4. 退職に向けた打ち合わせ
  5. 退職代行の実行
  6. 経過報告
  7. 結果報告
  8. 退職届、会社への返却物の郵送
  9. 離職票などが手元に届く
  10. 退職完了

上記のような流れになります。

10段階で分けましたが、それぞれの項目で「誰が、何をするのか」を細かく解説していきます( ・ω・)ゞ

①LINEで友達登録

まずはあなたがLINEで退職代行の業者と友達登録をします。

メールや電話での連絡もありますが、LINEでの連絡が手軽ですし、簡単にできるのでおすすめです。

 

多くの業者がLINEで連絡を取りやすいようにHPのトップ画面に掲載しています。

また、ここでのポイントは複数の業者と連絡を行うことです。

退職の際にあなたは『本当に退職できるのか?』『任せていいのだろうか?』と多くの疑問が生まれると思います。

その際に複数の業者とやりとりをすることで、『ここが自分に合っている』『この業者なら安心できる』と比較できます( ・ω・)ゞ

 

まずは気になった業者を3つくらい選んで友達登録するのが良いですね。

<やること>

  • あなた:複数業者(3つくらい)にLINEで友達登録

 

②無料相談 

友達登録を行うと、各業者から下記の画像のような文面が届きますので指示に沿って進めていってください。

-退職代行ニコイチ 友達登録

 

そして疑問に思ったことをストレートにぶつけましょう。

<例>

  • 本当に退職できるのか
  • 料金はいくらで追加料金は発生しないのか
  • 準備しておくと良いものはあるか

などなど…

 

基本的に相談回数に制限はありません。

”無料”ですので、自分の疑問を全て解消させてしまいましょう。

 

複数の業者に同じことを聞いて問題ありません。

この業者は細かく返信がくるから信頼できそう…
この業者は返信が早いからスピーディーに退職できそう…

上記のようなイメージで業者を選んでみてください( ・ω・)ゞ

 

ここがいちばんの”肝”と言っても過言ではありませんので自分に合いそうだなと思う業者を選択しましょう。

 

ちなみに僕はニコイチさんへのインタビューを全てLINEで行いました。

実際のやりとり、LINEの画像を下記の記事にまとめてありますので参考にどうぞ( ・ω・)ゞ

【インタビュー】退職代行ニコイチの担当者にあれこれ聞いてみたこんにちは、ゆうきです。 こんな疑問に答えます。 ✔️本記事の内容 退職代...

<やること>

  • あなた:複数業者に疑問に思っていることを相談・質問して疑問解消
  • 退職代行業者:あなたへの相談・質問を回答

 

③退職代行業者を決定し料金を支払い

どこの業者に選ぶかを決めたら料金の支払いです。

 

退職代行料金と振込先口座情報を代行業者から貰います。

この時、クレジットカードでの決済も可能であればどのように決済するかも確認しておきましょう。

 

代行業者からもらった情報をもとに料金を支払います。

なお、基本的に料金を支払わないと退職代行の実行には移らないので早めに対応してしまいましょう( ・ω・)ゞ

<やること>

  • あなた:料金を支払い(銀行振込 or クレジットカード)
  • 退職代行業者:料金の案内、入金確認

 

④退職に向けた打ち合わせ

支払いを業者が確認したら、いよいよ退職に向けてあなたと業者で打ち合わせを行います。

質問フォームを送付してくれる業者もあれば、そのままLINEで必要事項を確認してくる業者もありますので指示にしたがって進めてください( ・ω・)ゞ

 

会社名や電話番号、退職理由、退職希望日時などをここで詰めていきます

<やること>

  • あなた:退職向けて打ち合わせ
  • 退職代行業者:退職に向けて打ち合わせ

 

⑤退職代行の実行

打ち合わせが完了したら、あなたの希望日時に合わせていよいよ退職代行の実行です。

 

ここからは退職代行業者があなたの代わりに表に立って対応してくれます。

退職代行業者あなたの勤務先に電話をかけてあなたの退職の意思を伝えます。

そしてあなたはソワソワすると思いますがじっと我慢して自宅で待機していましょう( ・ω・)ゞ

<やること>

  • あなた:自宅で待機 ※職場に連絡したり、連絡に出たりしないようにする
  • 退職代行業者:あなたの勤務先へ退職の意思を連絡
  • 会社:代行業者からあなたの退職の意思を受ける

 

⑥経過報告

いきなり結果を報告する代行業者もありますが、基本的にはあなたに経過報告をしてくれます。

<例>

退職の意思を伝えて、現在会社側で話してもらっています。

担当者と繋がらなかったので、〇〇時に改めて連絡します。

上記のような感じです。

 

連絡が来るまで気が気でないと思いますが、必ず連絡は来ますのでジッと我慢です( ・ω・)ゞ

<やること>

  • あなた:自宅で待機 
  • 退職代行業者:あなたへ退職代行の経過を報告

 

⑦結果報告

会社側があなたの退職の承認をしたら、退職代行業者からあなたに結果の報告がされます。

 

ほとんどの場合は問題なく承認されます( ・ω・)ゞ

連絡が来て、ホッとするかもしれませんがまだ退職が完了したわけではないので注意が必要です。

ここからあなたはもうひと仕事あります。

<やること>

  • あなた:自宅で退職代行業者から退職承認の連絡を受ける 
  • 退職代行業者:あなたへ退職代行の結果を報告
  • 会社:退職代行業者へあなたの退職を承認したと連絡する

 

⑧退職届、会社への返却物の郵送

最後にあなたがやることは退職届、会社への返却物の郵送です。

しっかりと漏れのないように郵送してください( ・ω・)ゞ

 

『退職届』と『会社への返却物』についてそれぞれどんなものか簡単に解説します。

 

(補足①)退職届について

退職届けは基本的に下記のどちらかです。

<退職届>

  1. 自分でイチから作成する
  2. 会社指定のフォーマットに記載する

ちなみに僕が退職するときは②でした。

自分の会社がどちらか確認しておくとスムーズに進みます。

 

なお、退職届の書き方はそこまで難しくありません。

下記のサイトを参考にすればおーけーです( ・ω・)ゞ

退職届の書き方:【テンプレートあり】退職願・退職届の書き方・渡し方、封筒への入れ方は? ポイントを学んで円満退職!

 

(補足②)会社への返却物について

会社への返却物は下記のようなものです。

<会社への返却物>

  • 社章
  • 社員証
  • 社会保険証
  • 通勤定期券
  • 仕事で使用したデータ

などです。

基本的には会社から借りているものは全て返却しましょう。

代行業者からあなたへ指示が出ると思いますが、自分である程度まとめておくとスムーズです( ・ω・)ゞ

<やること>

  • あなた:会社への退職届、返却物などをまとめて郵送 
  • 退職代行業者:あなたへ会社へ返却するものを確認と指示
  • 会社:あなたからの退職届、返却物を受領する

 

⑨離職票などが手元に届く

退職届、会社への返却物などを郵送したら正式に退職の運びとなりあなたの元へ退職の書類が届きます。

 

書類は下記のものになります。

<退職書類>

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証 ※会社保管の場合
  • 年金手帳 ※会社保管の場合
  • 源泉徴収票

基本的には退職から2週間程であなたの手元に届きます。

離職票はハローワークなどの申請の際には必須の書類になりますので、間違いなく受け取ってください( ・ω・)ゞ

 

(補足)離職票が届かない場合

万が一2週間を過ぎても離職票が届かなかった場合は会社に催促の連絡をしなければなりません。

ただ、退職代行を使った手前連絡するのは気が引けますよね…

 

ですが、退職代行業者によってはアフターフォローとしてあなたの元に書類が届くまでサポートしてくれる業者もあります。

大手のニコイチなどは退職後2カ月間のアフターフォローサービスがついていて、あなたの手元に書類が届いていない場合、代わり会社に催促の連絡をしてもらえますよ( ・ω・)ゞ

アフターフォロー:退職代行ニコイチ 2ヶ月間アフターフォロー

 

⑩退職完了

退職後、全ての書類があなたの元に揃ったら退職完了です!

さっそく、次なる道へ一歩を踏み出してください( ・ω・)ゞ

 

まとめ:退職代行の依頼から完了までの流れを解説

いかがでしたか?

今回は退職代行の依頼から完了までの流れを解説しました。

 

ブラック企業に勤めていたりしたら、すぐに新たな人生へリスタートするのが正解です( ・ω・)ゞ

本記事を参考にぜひ、退職代行を実践してみてください!

▼おすすめの退職代行まとめ▼

【2019年】おすすめの退職代行を徹底比較!こんにちは、ゆうきです。 こんな疑問に答えます。 2018年末から注目を浴び始めた退職代行ですが、多くの業者...
ABOUT ME
ゆうき
ゆうき
札幌で活動するブロガー|新卒でIT企業に営業として入社▶札幌転勤▶仕事が原因で抑うつ状態になり退職▶独立| ブログ「なまら気まま」を運営|働き方で人生は180度変わると体験|人生に疲弊せず気ままに生きていく
こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です